輸入時(水際)対策

(2)輸入時(水際)対策

輸入食品の安全性を確保するためには、水際における監視体制が重要です。その役割を担うのが、全国の空港と海港(船舶が外国貿易のために使用する港湾)に設置されている全国32カ所の検疫所です。全国でおよそ400名の食品衛生監視員が配置されており、ここで輸入食品の衛生監視が行われています。

輸入届出

輸入事業者は食品を輸入する際、食品衛生法27条に基づいて、厚生労働大臣に輸入届出を出すことが義務づけられます。輸入の都度、その貨物を通関しようとする海空港を管轄する厚生労働省検疫所に届出を行います。
届出の際の届出書の方式は、現在は書面による提出から電子申請を利用した方式が主流になっており、全届出の9割以上が電子申請システムを利用したものとなっています。これは、輸入食品監視支援システム(FAINS)と呼ばれています。届出を受け付けた検疫所では、すべての届け出を1件1件審査し、その食品が食品衛生法に違反をしていないかどうか審査や検査をします。

検疫所における審査

審査

審査は、食品等輸入届出書に記載されている輸出国、輸入品目、製造者・製造所、原材料、製造方法、添加物の使用の有無等をもとに、多岐にわたって行われます。
審査では、
(1)届出書で要求されている記載事項がすべて記載されているか
(2)届出内容の食品や添加物、製造方法などが法に適合しているか
(3)現場検査や試験検査が必要な食品か
(4)厚生労働省本省からの検査命令や検査強化の指示のあった貨物であるか
等について確認します。書類審査で安全性に問題がなく検査の必要がないと判断されれば、食品等輸入届出済証が発行され輸入が認められます。輸入が許可された食品は、その後通関手続きを経て荷揚げされ、国内に流通されます。

検査

審査によって検査による確認の必要があると判断されたもの(例えば、過去食品衛生法違反が多い貨物、輸入フグ等)は、検査命令(検査命令制度)、行政検査(その他の検査制度)等の検査が実施され、これら検査結果をもとに食品衛生法に適合していることを確認されます。

検査は検疫所で行われますが、横浜及び神戸検疫所には輸入食品・検疫検査センターという検査施設があり、残留農薬などの高度な分析技術が必要な項目について検査が行なわれています。検査部門は、大きく残留農薬、動物用医薬品、有害・有毒物質等、遺伝子組換え食品、微生物に分かれています。たとえば残留農薬検査の場合、横浜と神戸の検査センターをあわせて約500種類の検査が行なわれます。また、成田空港、東京、名古屋、大阪、関西空港及び福岡の6検疫所の検査課においても、検査は行われています。

検疫所における検査

検疫所による輸入時の検査は、過去の違反実績などに応じて「指導検査」「モニタリング検査」「検査命令」の3つの検査が行われています。検査の内容や措置は、この順を追うごとに厳しくなります。

【指導検査】

輸入者の自主的な衛生管理の一環として、定期的な実施を指導する検査。農薬や添加物の使用状況や同種の食品の違反情報等を参考にして、検疫所において検査項目や頻度が指導されます。

【モニタリング検査】

食品の種類ごとに輸入量、違反率、危害度等を考慮して、厚生労働本省が計画を策定して実施する検査。輸入食品を幅広く監視し、状況に応じ迅速な検査や検査頻度を強化して、検査結果から新たな安全対策を講じることを目的としています。この検査の結果、違反が見つかった場合には、国内に流通している違反品は調査され、回収・廃棄が命じられます。

厚生労働本省が計画を策定して実施する検査

【検査命令】

モニタリング検査や指導検査で違反が判明し、今後も違反の可能性の高いと見込まれる食品について、輸入の都度、登録検査機関による検査が命じられます。命令検査が義務づけられると、輸入者は、自らの負担により登録検査機関で検査を受け、食品衛生法に適合していると判断されるまでは、輸入手続きを進めることができません。

以上、場面に応じて様々な検査が行なわれます。モニタリング検査で違反が出れば、検査率を引き上げてモニタリング検査強化となります。さらに違反の可能性が高いと判断される場合は、検査命令に移行します。検査によって安全性の確認が困難であると判断された際には、輸入禁止措置が取られることになります。このように性質の異なる検査を組み合わせることで、実態に応じたメリハリのある検査体制が実施され、安全性が確認されたものだけが国内に流通されます。

また、輸入者の自主的な衛生管理を推進するために、検疫所による指導も行われます。初回輸入時や継続して輸入されている食品については、定期的に自主検査を実施するよう指導されます。違反が発見された場合には、回収などの対策が適切に行われるよう、厚生労働本省、都道府県等と連携して輸入者の指導も行われます。

ページ上部へ