輸入果物の植物検疫

海外からの病害虫の侵入を防ぐ輸入植物検疫

外国からの農産物の病害虫が、ひとたび日本国内に侵入しまん延すると、取り返しのつかぬ大きな被害になることがあります。そしていったん広まってしまうと根絶するためには莫大な費用と時間がかかってしまいます。
外国の病害虫から日本の農業を守るためにもっとも良い方法、それは初めから入れないこと。これが「植物検疫」という水際で阻止する仕組みです。
詳しい情報はこちら

植物防疫まめ知識

農産物の病害虫は、ひとたび新天地に侵入すると、驚くほどのスピードでまん延し、大きな被害をもたらすことがあります。ここでは「ウリミバエ」「カンキツグリーニング病」についてご紹介します。
詳しい情報はこちら

ページ上部へ