バレンシアオレンジ

バレンシアオレンジ

バレンシアオレンジ

  • 学 名Citrus sinensis (L.) Osbeck forma valencia
  • 英 名Valencia orange
  • 科 目ミカン科
  • 原産地スイートオレンジが中国、ポルトガル、大西洋アゾレス諸島、アメリカと伝わる過程のどこかで生じたとされている。

 ミカン科ミカン属の常緑高木。

 原産地はインド・アッサム地方で。原種の野生ミカンが世界各地へと広がるうちに、さまざまな変種として生まれました。現在、世界で最も多く栽培されている果樹とされています。

 オレンジは、「普通オレンジ」、「ネーブルオレンジ」、「ブラッドオレンジ」の3つに大別されます。私たちが普段、慣れ親しんでいるのは普通オレンジの一種であるバレンシアオレンジです。ネーブルオレンジはお尻の部分に「へそ(navel:ネーブル)」があるのが特徴で、それが名前の由来です。ブラッドオレンジは、果肉が「血(blood:ブラッド)」のように赤いので、それが名前の由来になっています。

 世界中で広く栽培され、オレンジ類の中でも最も生産量が多いのがバレンシアオレンジです。1870年代にアメリカにアゾレス諸島(ポルトガル領)で育てられた品種の苗木が持ち込まれ、栽培が始まりました。スペインのバレンシア地方で栽培されていたオレンジと似ていることからこの名前がつけられました。現在では、アメリカ・カリフォルニアとフロリダ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジルなどで栽培されています。日本に輸入されているバレンシアオレンジは、大半がアメリカ産、次いでオーストラリア産です。市販のオレンジには産地シールが貼ってあるので、そのシールからオレンジの故郷がわかります。
 1 個が約200〜250g で、日本には、カリフォルニア産が3〜7 月、南アフリカ産が8〜10 月頃、それぞれ輸入されています。

 バレンシアオレンジは、酸味が強くジューシーで、特有の芳香があります。そのまま食べるだけでなく、ジュースや加工品、料理用としても重宝されています。

 バレンシアオレンジは、ビタミンCが豊富で100g食べれば、1日の必要量の約半分を摂ることができます。また、疲労回復に役立つとされるクエン酸や血圧のコントロールを助けるカリウムなども含まれています。さらにバレンシアオレンジには、ヘスぺリジンと呼ばれる物質が含まれています。ヘスペリジンは、毛細血管を強くする効果があり、高血圧予防や動脈硬化予防につながるとされています。

【出回り時期、輸入割合など】

出回り時期

出回り時期

国別輸入割合

国別輸入割合

国別生産量割合

国別生産量割合

主要栄養素(100g中)

カリウム 140mg
βカロテン 50mcg
ビタミンC 40g
カルシウム 21mg 

カロリー比較

カロリー比較

【選び方】

 果皮の色合いが鮮やかであることと、果皮のハリやつや、手に持ったときに重量感があるものを選びましょう。果皮がしなびていたり、ふかふかしたりしているものは避けましょう。

【保存方法】

 購入後は、風通しのよい涼しい場所またはビニール袋かポリ袋にいれて冷蔵庫の野菜室で保存します。

【オレンジの切り方】

  • 調理例1 房取り手順(1)
    上下を切り落とし、リンゴの皮をむくように、グルリと皮をむく。白いわたの部分や薄皮が残らないように、厚めにむくのがポイント。
  • 調理例2 房取り手順(2)
    房の左側の薄皮の内側に包丁を入れ、中心まで切り進める。果汁が流れ出すこともあるので、下にボウルを置いておくとよい。
  • 調理例3 房取り手順(3)
    同じ房の右側を切ると、ひと房を切り取ることができる。これを繰り返して全部の房を切り取る。果肉だけのピュアなおいしさを味わえる。
  • 調理例4 スマイルカット
    横半分に切り(ヘタを上部にした場合)、切り口から 斜めに包丁を入れて切り分ける。オレンジなど手で 皮をむきにくい柑橘類を気軽に食べたいときに最適の切り方。

【オレンジのドレッシングでサラダを】

 オレンジでサラダドレッシングを作ってみましょう。オレンジ1個を房取りし(上の切り方・房取りを参照)、切り取った後の薄皮をボウルの上で軽く搾って果汁をとる。そのボウルに房取りした果肉 1/2個分を入れて粗くつぶし、オリーブ油大さじ1・1/2、ワインビネガー大さじ1/2、塩小さじ1/6、砂糖ひとつまみ、こしょう少々を加えて混ぜ合わせれば、でき上がり。
 甘くさわやかな風味は、エビなどシーフードやゆで野菜によく合います。

【関連情報】

果物と栄養教育/第7回レモン博士オレンジ博士になろう 果物と栄養教育

 オレンジについての解説情報は、「果物と栄養教育」にて、果物の食育「第7回レモン博士オレンジ博士になろう」の章でも解説されております。こちらも参考にしてください。 【詳しくはこちら】

フォトギャラリー

  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • ミカン科・バレンシアオレンジ・単一種・オーストラリア産
  • 左・バレンシアオレンジ/右・ネーブルオレンジ

※フォトギャラリーは、ページの内容に関連した写真を集めたものです。クリックすると拡大写真をご覧いただけます。 写真ダウンロード 7枚(2.1MB) ※写真は栄養士や教育関係の方々に食育の授業などで活用していただくための資料としてご提供しています(非営利目的での使用に限らせていただきます。詳しくは輸入果物図鑑の使い方をご覧ください。)

ページ上部へ